ビジネスにおけるマナー

現代社会を生きるにあたって、人と人との関わりは何事においても必ず
必要になるものです。この人同士の関わり合いを円滑・円満にし、
誰もが気持よく物事を進められるように、マナーという概念が存在します。

ビジネスの社会においても、社内や社外、上司や部下など、様々なシーン
で様々な人との関わりがあります。ここにも、ビジネスという場に即した
マナーがあり、一般的なマナーとはまた違った側面で、様々なルールが
存在します。社会人としてビジネスを進める際には、マナーにのっとり、
取引内容のみならず人同士のやりとりの面でも、相手を不快にさせない
適切な応対が求められます。

通常、このようなビジネスマナーは、学生が新社会人になる際に研修など
で身につけることが多いようです。ビジネスマナーと一口に言っても、
敬語の適切な使い方から電話応対、名刺交換やお茶の出し方など、様々な
場面を想定した非常に多岐にわたる「ルール」があり、すべてを身につける
のはなかなか難しいものです。しかし、新人研修が行われなかったり、
マナーについて学ぶ機会がなかったりしたとしても、社会人たるもの
「教わらなかったから知らない」では済まされません。たとえ新入社員でも、
ひとたび社外に出れば、取引相手はその後ろに会社そのものを見ているのです。

価値観や慣習も多様化し、マナーの解釈も難しくなりつつある昨今ですが、
やはり社会人として恥ずかしくないきちんとしたビジネスマナーを身につけ
ておくことは、ビジネスにおいてもその基盤としても、必須であると言える
でしょう。

当サイト人気コンテンツ

★ 新社会人としての基本のマナー
★ 社内編
★ 文書編
★ メール編@

マナー関連最新ニュース

マナーのことならシャディにおまかせ!お中元、お歳暮、プレゼント等贈答やギフトに関するマナーをはじめ、表書きや水引の書き方など見落としがちなマナーを取り上げて解説しています。いざ、困ったときに頼れるマナー辞典です。



Copyright (C) 2007 ビジネスマナー解説NAVI All Rights Reserved.